本当に賢い人

※この記事の内容は2006年6月頃私がやっていたブログに書いた文を転載したものです。
 現在の私の考え方と違う部分もあるかもしれませんが、
 当時の記録も兼ね、改変等せず転載いたします。


-------------------


今日大学の講義で軽い研究発表みたいなことをした。
あまり準備ができてなくて、
どこをどう発展させてどう調べていったらいいのか
自分で全然わからないままの発表だった。


それを聞いて教授は

「あぁ、つまり○○ということだね」
「つまり△△についてもっと詳しく調べたいんだね」



漠然としてたものを教授が整理してくれたおかげで
そのことについて調べる方針がはっきりした。





そのときすごくその教授を尊敬してしまった。








教授は講義するのも大事かもしれない。
だけど、
学生の漠然としたアイディアを聞いて
はっきりとした形にしてあげるのも
教授の仕事じゃないかと感じた。

学生のアイディアをはっきりさせてあげるには
学生の話をちゃんと聞くことはもちろん
学生以上の知識と情報をもっていなければ
「あぁ、つまりこういうことだね」とは言ってあげられない。



そう考えると
自分の意見考えばっかりを講義だけしている教授より、
学生のアイディアをまとめて上げられる教授の方が偉いな。




小中高の先生も同じ。
生徒の悩み相談なんかで、
アドバイスばっかりする先生はダメ。


生徒の話をしっかり聞いて、
その子の中の問題をはっきりさせてあげたら良い。


問題がはっきりしさえすれば
後はその子自身が解決できるから。
やっぱり問題は自分自身で解決しないと、
納得できないものだから。



それができる先生ほど、

「いい先生」なんだと思う。





聞いてはっきりさせてあげる。









それが人を救える一番の方法だと思う。



ということは







「癒し系=聞き上手」






ってことなのかな?












となるとやっぱり、
聞くことって大切なんだね。。。
2012年10月07日 | Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。