真面目

※この記事の内容は2006年10月頃私がやっていたブログに書いた文を転載したものです。
 現在の私の考え方と違う部分もあるかもしれませんが、
 当時の記録も兼ね、改変等せず転載いたします。


-------------------


「真面目な性格です」は褒め言葉?


「真面目」って聞くと誠実でいい人そうってイメージが湧く。
実際広辞苑で調べてみても
まじめ【真面目】
@真剣な態度、顔つき。本気。
Aまごころがこもっていること。誠実なこと。 とある。


でも、本当にそうなのか?


先日コンビニで「落ち込んでる人に捧げる本」という本を目にした。
たまたま広げたページに書いてあったこと、
「真面目な人ほど自分を追い込みやすい」
真面目な人ほどほんのちょっとのミスで
自分を追い込んで鬱に入ってしまうそうだ。

他人から真面目と評価される時も
「あの人はクソ真面目だから・・・」とか
「真面目すぎるんだよね・・・」とか
ちょっと皮肉を含んだ否定的な意味で
使われることのほうが多くはないか?

世の中、「真面目」じゃない人のほうが
うまくわたっていけるんじゃないだろうか?



明日から、
「私は真面目な性格です」ではなく、
「誠実な人です」とか「何事も本気で取り組みます」とか
違う言葉で自分を表現したほうが、いいかもしれない。
2012年10月07日 | Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。